鈴研のあゆみ

創業明治39年 鈴研のあゆみ

1906年(明治39年) 3月4日、初代鈴木惣八、日本橋において理化学用硝子分析器具を製作販売する。
1927年(昭和2年) 4月、合資会社鈴木科学器械製作所に改組。
1950年(昭和25年) 5月1日、営業の一部を鈴研株式会社に移動し、水分析製造、販売を開始する。
1952年(昭和27年) 鈴木科学器械製作所を解散し、鈴研株式会社に合併し、現在に至る。
2005年(平成17年) 12月、Tintometer(R)グループ Lovibond(R)社と業務提携 >>詳細[PDF]

Photo Gallery ~写真で見る 鈴研のあゆみ~

初代鈴木惣八

  • 創業者 鈴木惣八創業者 鈴木惣八
  • 当時の外観当時の外観
  • 弊社は明治39年3月、創業者である初代鈴木惣八によって、東京府日本橋区に誕生いたしました。 このころ初代惣八は単身中国大陸を旅し、第一版カタログを発刊、輸出の業務を開始。

大正の頃

  • 大正8年、木造3階建ての店舗を改装し、このときの店員数は30名。200頁余りの第三版カタログを発刊。
    大正10年、pH計水素イオン濃度比色測定器を発売し、後の朝鮮博覧会にて最高賞を受賞する。
  • 目録目録
  • 当時の社内風景当時の社内風景

ガラス綿のこと

  • 第一次世界大戦勃発と共に各種輸入品の入手が不能となり、当時ドイツより輸入されていた織物用ガラスメイロン(目硝子)等も同様入手難となった。そのため、その国産化の必要が急務となったのでこれが製造に着目、製法の研究に努力、種々苦心の末ようやくその製造に成功した。昭和天皇がご覧になり、御下問にお答えする光栄に浴した。
  • 当時の社内風景当時の社内風景
  • 当時の社内風景当時の社内風景
  • 当時の社内風景当時の社内風景

水質検査器のこと

  • 第二次大戦後GHQの進駐に伴い、日本国内の水道水塩素消毒が徹底された。当時のGHQはお墓にお供えされた花瓶の水さえも、ボウフラ対策として塩素消毒を検討するほどの徹底ぶりであった。
    この頃より水質測定器や浄水器等、理化学機器の中でも水質関連に特化した商品を展開していく。
  • GHQの指示の元、測定器を開発GHQの指示の元、測定器を開発
    「残留塩素測定機」
  • 「pH(水素イオン)測定機」「pH(水素イオン)測定機」
  • 「水質測定キット」「水質測定キット」

以後さまざまな水質検査器を開発・販売し、現在に至る。

会社案内
会社概要
鈴研のあゆみ
イントロダクション

このページの上部へ